文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」平成29~33年度ハイブリッド触媒

畑中 美穂 » English

所属 奈良先端科学技術大学院大学
役職 特任准教授
連絡先 Email
HP http://mswebs.naist.jp/LABs/hatanaka/index-j.html
専門分野 理論化学・計算化学
研究キーワード 反応経路自動探索
所属学会・研究会 日本化学会・分子科学会・理論化学研究会・日本希土類学会

概要

ハイブリッド触媒系は、反応機構や遷移状態構造がほとんど未知であるため、新しい触媒系の設計には、計算化学による反応経路の解析が不可欠です。このような未知の反応経路の解析には、主生成物だけでなく副生成物に繋がる反応経路や、反応物の接近方向やコンフォメーションが異なる様々な反応経路を網羅的に探索し、経路上の中間体や遷移状態構造の安定性を議論する必要があります。私たちは、網羅的探索を行うため、近年注目を集める自動反応経路探索技術の一つ、人工力誘起反応(AFIR)法を利用し、様々なハイブリッド触媒系の反応機構や立体選択性発現機構を調べ、ハイブリッド触媒系設計の指針を理論的に構築することを目的とします。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Promotional effect of CH3I on hydroxycarbonylation of cycloalkene using homogeneous rhodium catalysts with PPh3 ligand"
    Oku, T.; Okada, M.; Puripat, M.; Hatanaka, M.; Morokuma, K.; *Choi, J.-C.
    Journal of CO2 Utilization, 2018年3月, 25, 1-5
  • "Computational study on the luminescence quantum yields of terbium complexes with 2,2’-bipyridine derivative ligands"
    *Hatanaka, M.; Osawa, A.; Wakabayashi, T.; Morokuma, K.; Hasegawa, M.
    Phys. Chem. Chem. Phys., 2017年11月, 20, 3328-3333