文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」平成29~33年度ハイブリッド触媒

大宮 寛久 » English

所属 金沢大学医薬保健研究域 薬学系
役職 教授
HP http://seimitsu.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html
専門分野 有機合成化学, 有機金属化学
研究キーワード C-C 結合形成, 不斉合成, 有機ホウ素
所属学会・研究会 日本化学会, 日本薬学会, 有機合成化学協会, 近畿化学協会

概要

研究課題:
 有機触媒と金属触媒のハイブリッドに基づく高次反応制御法の開発

研究内容:
 本研究では、有機触媒と金属触媒を協働化することにより創製されるハイブリッド触媒系を活用することで、単一の触媒のみでは困難であった高選択的合成反応の開発を目標とする。“有機触媒による不活性結合活性化”と“金属触媒による選択的炭素–炭素結合形成反応”が協働して機能するシステムを合理的かつ精密に構築する。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Phosphine-Catalyzed Anti-Hydroboration of Internal Alkynes"
    Nagao, N.; Yamazaki, A.; *Ohmiya, H.; *Sawamura, M.
    Org. Lett., 2018, 20, 1861–1865
  • "Enantiocontrol by Assembled Attractive Interactions in Copper-catalyzed Asymmetric Direct Alkynylation of  α-Ketoesters with Terminal Alkynes: OH···O/sp3-CH···O Two-point Hydrogen-bonding Combined with Dispersive Attractions"
    Schwarzer, M. C.; Fujioka, A.; Ishii, T.; Ohmiya, H.; *Mori, S.; *Sawamura, M.
    Chem. Sci., 2018, 9, 3484–3493
  • "Synergistic N-Heterocyclic Carbene/Palladium-Catalyzed Reactions of Aldehyde Acyl Anions with either Diarylmethyl or Allylic Carbonates. "
    Yasuda, S.; Ishii, T.; Takemoto, S.; Haruki, H.; *Ohmiya, H. 
    Angew. Chem. Int. Ed. , 2018, 57, 2938–2942
  • "Phosphine-Catalyzed Anti-Carboboration of Alkynoates with 9-BBN-Based 1,1-Diborylalkanes: Synthesis and Use of Multi-Substituted γ-Borylallylboranes"
    Yamazaki, A.; Nagao, K.; Iwai, T.; *Ohmiya, H.; *Sawamura, M.
    Angew. Chem. Int. Ed., 2018, 57, 3196-3199

国内学会(会議)

  • 平成29年度有機金属部会第4回例会
    "有機合成触媒の合理的設計に基づく高選択的反応の開発", 招待講演
    大宮寛久
    2018年2月2日, 京都市
  • 新学術領域研究「ハイブリッド触媒」第1回公開シンポジウム
    "ハイブリッド触媒系によるアルデヒドの極性転換型変換反応", 招待講演
    大宮寛久
    2018年1月30日, 名古屋市
  • 富山大薬分子合成セミナー2018
    "有機合成触媒の協働化に基づく新反応の開発", 招待講演
    大宮寛久
    2018年1月26日, 富山市

メディア報道

  • EurekAlert!
    「Exploration of a new chemical synthesis process -- synergy of two catalysts in one flask」
    大宮寛久, 2018年3月14日
    PDF File
  • 北國新聞(朝刊)
    「ケトンの合成容易に」
    大宮寛久, 2018年2月14日
    PDF File