文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」平成29~33年度ハイブリッド触媒

イリエシュ ラウレアン » English

所属 理化学研究所・環境資源科学研究センター   
役職 チームリーダー
連絡先 Email
HP http://iliesteam.riken.jp/home_JP.html
専門分野 合成化学
研究キーワード 炭素水素結合活性化, アレーン,普遍金属触媒
所属学会・研究会 日本化学会,有機合成化学協会,日本プロセス化学会

概要

我々の研究グループは「効率」および「サステイナビリティ」をキーワードとした反応の開発を目標に定めています.効率の観点から,事前に官能基化/保護することなく,直裁的かつ選択的に有機分子を反応させる手法の開発に取り組んでいます.サステイナビリティの観点から,普遍金属を触媒または試薬として活用する反応の開発を目指しています.
本領域での研究の目的は,二つの金属触媒の協働的な作用による,シンプルなアレーンのC–H結合活性化反応の開発である.すなわち,一つ目の金属触媒はアレーン基質を活性化したのち,もう一つの金属触媒は特定のC–H結合を活性化する反応を目指しています.

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Homocoupling-Free Iron-Catalysed Twofold C-H Activation/Cross-couplings of Aromatics via Transient Connection of Reactants"
    Doba, T.; Matsubara, T.; Ilies, L.; *Shang, R.; *Nakamura, E.
    Nat. Catal., 2019, 2, 400-406
  • "Chromium(III)-Catalyzed C(sp2)–H Alkynylation, Allylation, and Naphthalenation of Secondary Amides with Trimethylaluminum as Base"
    Chen, M.; Doba, T.; Sato, T.; Razumkov, H.; Ilies, L.; *Shang, R.; *Nakamura, E.
    J. Am. Chem. Soc., 2020年2月18日, 142, 4883–4891
  • "Iron-Catalyzed Synthesis of Indenones through Cyclization of Carboxamides with Alkynes"
    *Laurean Ilies, Yasin Arslanoglu, Tatsuaki Matsubara, *Eiichi Nakamura
    Asian J. Org. Chem., 2018, 7, 1327-1329
  • "Silylation of Aryl Halides with Monoorganosilanes Activated by Lithium Alkoxide"
    Takumi Yoshida, *Laurean Ilies, *Eiichi Nakamura
    Org. Lett., 2018, 20, 2844–2847
  • "Synthesis of Esomeprazole and Related Proton Pump Inhibitors through Iron-Catalyzed Enantioselective Sulfoxidation"
    *Shigenobu Nishiguchi, Takuhiro Izumi, Takayoshi Kouno, Junpei Sukegawa, *Laurean Ilies, *Eiichi Nakamura
    ACS Catal., 2018, 8, 9738−9743
  • "Iron-Catalyzed Directed Alkylation of Carboxamides with Olefins via a Carbometalation Pathway"
    *Laurean Ilies, Yi Zhou, Haotian Yang, Tatsuaki Matsubara, Rui Shang, *Eiichi Nakamura
    ACS Catal., 2018, 8, 11478–11482

著書

  • 「C-H結合活性化反応」
    イリエシュ ラウレアン,浅子 壮美,吉田 拓未
    「化学要点シリーズ」, 共立出版, 2019

総説・解説

  • 「Earth‐Abundant Metals in Catalysis」 *Ilies, L.; *Thomas, S. P.; *Tonks, I. A., Asian J. Org. Chem., 9, 324-325, 2020年3月17日

国際会議

  • Nanyang Research Conference on Synthetic Chemistry and Catalysis
    "C-H Activation with Earth-Abundant Metals", 招待講演
    Ilies L.
    2020年1月15日~2020年1月17日, Nanyang Technical University (Singapore), Singapore
  • The 13th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-13)
    "C-H Activation with Base Metals", 招待講演
    Ilies, L.
    2018年11月1日~2018年11月4日, Chulabhorn Research Institute (Bangkok), Thailand
  • The 4th International Symposium on C-H Activation (ISCHA-4)
    "Iron-Catalyzed C–H Bond Activation", 招待講演
    Ilies, L.
    2018年8月30日~2019年9月2日, Keio University (Hiyoshi), Japan
  • The 1st Sino-Japanese Symposium on Catalysis for Precision Synthesis
    "Iron Likes Single Electron Transfer", 招待講演
    Ilies, L.
    2018年5月27日~2018年5月30日, Shanghai Institute of Organic Chemistry (Shanghai), China

国内学会(会議)

  • 日本化学会 第100春季年会
    "Iron-catalyzed C-H homocoupling of thiophene compounds", 口頭発表
    Doba, T.; Ilies, L.; Shang, R.; Nakamura, E.
    2020年3月25日, 東京理科大学(野田)
  • 日本化学会 第100春季年会
    "Sustainable Organic Synthesis with Sodium Dispersion: Cross-Coupling Reaction and Birch Reduction", ポスター発表
    Asako, S.; Takahashi, I.; Nakajima, H.; Tsubouchi, G.; Katayama, Y.; Murakami, Y.; Ilies, L.; Takai, K.
    2020年3月22日, 東京理科大学(野田)
  • 理研シンポジウム:第14回有機合成化学のフロンティア
    "普遍金属を触媒とする反応開発の苦悩と歓喜", 招待講演
    イリエシュ ラウレアン
    2019年6月21日~2019年6月21日, 理化学研究所(和光市)
  • 第8回CSJ化学フェスタ
    "C–H活性化の鉄学", 招待講演
    Ilies, L.
    2018年10月23日~2018年10月25日, タワーホール船堀 (船橋)
  • Asian Workshop of Experiment and Theory in Quantum Beam Molecular Sciences
    "Catalysis with Earth Abundant Transition Metals", 招待講演
    Ilies, L.
    2018年6月3日~2018年6月3日, 茨城大学(水戸)

受賞

  • 「Lectureship Award」
    受賞者:Laurean Ilies
    贈呈元:Asian CORE Program/Advanced Research Network
    受賞日:2018年11月4日