文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」平成29~33年度ハイブリッド触媒

吉野 達彦 » English

所属 北海道大学・薬学研究院
役職 講師
連絡先 Email
HP http://www.pharm.hokudai.ac.jp/yakuzou/
専門分野 有機合成化学、有機金属化学
研究キーワード 遷移金属触媒、C-H活性化、不斉触媒、コバルト触媒
所属学会・研究会 日本化学会、日本薬学会、有機合成化学協会

概要

触媒的C-H活性化反応は、有機化合物中に普遍的に存在するC-H結合のうち望みとする部位のみの変換を可能とすることから、次世代型の効率的な有機合成を実現する手段として有望である。これまで多くの遷移金属触媒が利用されてきた中でも、Cp*配位子を持つ9族金属錯体は高い安定性と反応性を有する極めて優れた触媒である。しかしその錯体構造や反応機構のため、触媒的なエナンチオ選択性制御を実現するためには複雑に修飾されたキラルCp配位子が必須であった。本研究ではこれらの触媒のうち特に安価なコバルト触媒に着目し、様々な有機触媒とのハイブリッド化による選択性の制御の実現を目指す。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Enantioselective C(sp3)-H Amidation of Thioamides Catalyzed by a CobaltIII/Chiral Carboxylic Acid Hybrid System"
    Fukagawa, S.; Kato, Y.; Tanaka, R.; Kojima, M.; *Yoshino, T.; *Matsunaga, S.
    Angewandte Chemie International Edition, 2019年1月21日, 58(4), 1153
  • "One-Step Synthesis of 4H-3,1-Benzoxazin-4-ones from Weinreb Amides and 1,4,2-Dioxazol-5-ones via Cobalt-Catalyzed C-H Bond Activation"
    Tanimoto, I.; Kawai, K.; Sato, A.; *Yoshino, T.; *Matsunaga, S.
    HeteroCycles, 2018年11月14日
  • "Chiral Carboxylic Acid-Enabled Achiral Rhodium(III)-Catalyzed Enantioselective C-H Functionalization"
    *Lin, L.; Fukagawa, S.; Sekine, D.; Tomita, E.; *Yoshino, T.; *Matsunaga, S.
    Angewandte Chemie International Edition, 2018年9月10日, 57(37), 12048
  • "Pentamethylcyclopentadienyl rhodium(III)-chiral disulfonate hybrid catalysis for enantioselective C-H bond functionalization"
    Satake, S.; Kurihara, T.; Nishikawa, K.; Mochizuki, T.; Hatano, M.; Ishihara, K.; *Yoshino, T.; *Matsunaga, S.
    Nature Catalysis, 2018年7月23日, 1, 585
  • "Weinreb Amide Directed Versatile C−H Bond Functionalization under (η5‐Pentamethylcyclopentadienyl)cobalt(III) Catalysis"
    Kawai, K.; Bunno, Y.; *Yoshino, T.; *Matsunaga, S.
    Chemistry A European Journal, 2018年7月17日, 24(40), 10231

国際会議

  • 257th ACS National Meeting & Exposition
    "Metal/organo hybrid catalysis for group 9 metal-catalyzed enantioselective C-H functionalization", 招待講演
    Yoshino, T.
    2019年3月31日~2019年4月4日, Orland, United States
  • The 4th Japan-Taiwan Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences
    "New strategy for asymmetric C-H bond functionalization using Cp*Rh(III) catalyst", 招待講演
    Yoshino, T.
    2018年8月31日~2018年8月31日, 札幌, 日本
  • Second Japanese-Spanish Symposium in Organic Synthesis
    "New Strategy for Asymmetric C-H Bond Functionalization Using Cp*M(III) Catalysts", 招待講演
    T. Yoshino
    2018年5月28日~2018年5月29日, Kyoto, Japan

国内学会(会議)

  • 日本化学会第99回春季年会
    "Catalytic Asymmetric C-H Functionalization by High-valent Group 9 Metals", 口頭発表
    吉野達彦
    2019年3月16日~2019年3月19日, 神戸
  • 若手研究者のための有機化学札幌セミナー
    "高原子価ロジウム・コバルト触媒による不斉C-H活性化反応", 招待講演
    吉野達彦
    2018年11月8日~2018年11月8日, 札幌
  • 第65回有機金属討論会
    "Cp*Rh(III)/BINSate触媒によるC-H活性化を経る不斉1,4-付加反応", 口頭発表
    吉野達彦,佐竹瞬,栗原拓丸,西川圭祐,望月拓哉,波多野学,石原一彰,松永茂樹
    2018年9月19日~2018年9月21日, 京都

受賞

  • 「第33回若い世代の特別講演賞」
    受賞者:吉野達彦
    贈呈元:日本化学会
    受賞日:2019年3月16日