研究業績

氏名: 小野田 晃

原著論文

  • "Hemoproteins Reconstituted with Artificial Metal Complexes as Biohybrid Catalysts"
    K. Oohora, A. Onoda, T. Hayashi*
    Acc. Chem. Res., 2019年4月1日
  • "A Heterogeneous Hydrogen‐Evolution Catalyst Based on a Mesoporous Organosilica with a Diiron Catalytic Center Modelling [FeFe]-Hydrogenase"
    T. Himiyama, M. Waki, D. Esquivel, A. Onoda, T. Hayashi, P. Van Der Voort, S. Inagaki
    ChemCatChem, 2018年9月11日, 10

国際会議

  • Biotechnology and Chemistry for Green Growth 2018
    "Biotechnology and Chemistry for Green Growth 2018: “Synthesis of Isoquinoline Derivatives via C?H Bond Activation Catalyzed by Cp*Rh(III)-linked Biohybrid Catalysts.", ポスター
    Shunsuke KATO, Alexander GRIMM, Akira ONODA, Ulrich SCHWANEBERG, Takashi HAYASHI.
    2018年11月26日~2018年11月28日, Aachen, Gerrmany
  • Biotechnology and Chemistry for Green Growth 2018
    "Biohybrid Catalysts Harboring a Synthetic Metal Complex
    within a Barrel Protein
    ", ポスター
    Akira Onoda
    2018年11月17日~2018年11月17日, Aachen, Gerrmany
  • Aachen Protein Engineering Symposium (AcES) 2018
    "Tailored Protein Assemblies for Hybrid Biomaterials", 口頭
    Akira Onoda
    2018年10月7日~2018年10月10日, Aachen, Gerrmany
  • Aachen Protein Engineering Symposium (AcES) 2018
    "Construction of Cp*Rh(III)-linked Biohybrid Catalyst for the synthesis of isoquinolines", ポスター
    Shunsuke KATO, Alexander GRIMM, Akira ONODA, Ulrich SCHWANEBERG, Takashi HAYASHI.
    2018年10月7日~2018年10月10日, Aachen, Gerrmany
  • Aachen Protein Engineering Symposium
    "Tailored Protein Assemblies for Hybrid Biomaterials", 口頭発表
    Onoda, A.
    2018年10月7日~2018年10月10日, Aachen, Germnay

国内学会(会議)

  • 日本化学会第99春季年会
    "Isoquinoline Synthesis from Asymmetric Alkyne Using Cp*Rh Complex-Linked Biohybrid Catalyst", ポスター発表
    橋爪拓幸、加藤俊介、小野田晃、林高史
    2019年3月16日~2019年3月19日, 兵庫県神戸市
  • 日本化学会第99春季年会
    "Incorporation of a Noncanonical Metal-binding Amino Acid into a Nitrobindin Protein", 口頭発表
    Alvarez-Miller, M. C., Taniguchi, N., Minagawa, N., Onoda, A., Hashimoto, K., Maruoka, K., Uzawa, T., Hayashi, T.
    2019年3月16日~2019年3月19日, 兵庫県神戸市
  • 日本化学会第99春季年会
    "Conjugation of a catalytically latent Cp*Rh(III) complex to construct a cell surface displayed biohybrid catalyst.", 口頭発表
    Kato, S., Grimm, A., Onoda, A., Schwaneberg, U., Hayashi, T.
    2019年3月16日~2019年3月19日, 兵庫県神戸市
  • 日本化学会第99春季年会
    "ペプチドN末端修飾剤として用いる トリアゾールカルボアルデヒド誘導体の構造と反応性の評価", 口頭発表
    住吉永伍、井上望、 小野田 晃、 林 高史
    2019年3月16日~2019年3月19日, 兵庫県神戸市
  • 日本化学会第99春季年会
    "トリアゾールカルボアルデヒド誘導体を用いたタンパク質N末端選択的修飾剤の開発", 口頭発表
    井上望、住吉永伍、 小野田 晃、 林 高史
    2019年3月16日~2019年3月19日, 兵庫県神戸市
  • 日本化学会CSJ 化学フェスタ
    "バイオと金属錯体の「いいとこどり」触媒", 口頭発表
    小野田 晃
    2018年10月7日~2018年10月10日, 東京都
  • 第31回生物無機化学夏季セミナー
    "Evaluation of hydrophobic cavity in pyrene-linked β-barrel protein", ポスター発表
    栗本裕太、小野田晃、林高史
    2018年9月9日~2018年9月11日, 愛知県蒲郡市
  • 第12回バイオ関連化学シンポジウム
    "N末端へのアジド基導入とキレート促進型CuAAC反応を可能にする位置選択的タンパク質修飾方法の開発", 口頭
    井上望、 小野田 晃、 林 高史
    2018年7月30日~2018年8月4日, 大阪府吹田市
  • 第30回生体機能関連化学若手の会サマースクール
    "キレート促進型CuAAC反応によるタンパク質N末端の位置選択的修飾", ポスター
    井上望、 小野田 晃、 林 高史
    2018年7月19日~2018年7月20日, 宮崎県宮崎市

特許

  • 「タンパク質及び/又はペプチド修飾用分子」
    出願人:国立大学法人大阪大学
    発明者:林高史、小野田晃、井上望
    出願番号:PCT/JP2019/008142
  • 「トリアゾールを母骨格とした位置特異的N末端修飾剤および位置特異的なタンパク質N末端修飾技術」
    出願人:国立大学法人大阪大学
    発明者:林高史、小野田晃、井上望
    出願番号:特願2019-035340