研究業績

氏名: 西形 孝司

原著論文

  • "Radical-Organometallic Hybrid Reaction System Enabling Couplings between Tertiary-Alkyl Groups and 1‑Alkenyl Groups"
    K. Nakamura, R. Hara, Y. Sunada, T. Nishikata*
    ACS Catal., 2018年8月, 8(8), 6791-6795

国内学会(会議)

  • 第13回プロセス化学ラウンジ
    "銅触媒で制御する3級アルキル化反応の化学", 招待講演
    西形孝司
    2018年11月30日, 静岡
  • 若手研究者のための有機合成化学札幌セミナー
    "α-ブロモカルボニル化学の世界", 招待講演
    西形孝司
    2018年11月8日, 北海道
  • CSJ化学フェスタ
    "2つの活性種を駆使して立体障害に挑む反応化学", 招待講演
    西形孝司
    2018年10月23日, 東京
  • 第46回オルガノメタリックセミナー
    "銅触媒による活性種制御に基づいた分岐型反応開発", 招待講演
    西形孝司
    2018年10月5日~2018年10月5日, 広島
  • 第35回有機合成化学セミナー
    "α-ブロモカルボニルを第3級アルキル源とする多彩な合成化学", 招待講演
    西形孝司
    2018年9月18日~2018年9月20日, 山形
  • 第11回中国四国地区錯体化学研究会
    "銅錯体とアルキルラジカル種の反応による立体的に込み合った分子合成", 招待講演
    西形孝司
    2018年4月28日~2018年4月28日, 高知

受賞

  • 「Thieme Chemistry Journals Award」
    受賞者:Takashi Nishikata
    贈呈元:Thieme社
    受賞日:2019年1月7日

メディア報道

  • 科学新聞
    「1つの反応系で2つの活性種を使用可能」
    K. Nakamura, R. Hara, Y. Sunada, T. Nishikata*, 2018年6月29日
    PDF File
  • 化学工業日報
    「新クロスカップリング」
    K. Nakamura, R. Hara, Y. Sunada, T. Nishikata*, 2018年6月19日
    PDF File