文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」平成29~33年度ハイブリッド触媒

國信 洋一郎 » English

所属 九州大学・先導物質化学研究所
役職 教授
連絡先 Email
HP http://kuninobu-lab.cm.kyushu-u.ac.jp/
専門分野 有機合成化学、有機金属化学、有機材料化学
研究キーワード 触媒反応、触媒設計、C-H結合変換、π共役系、高分子
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、日本薬学会、近畿化学協会、ケイ素化学協会、日本フッ素化学会、ヨウ素学会、アメリカ化学会

概要

◆研究課題:
『金属錯体/ホスト分子ハイブリッド触媒系の創製と選択的C-H変換反応の開発』

◆研究内容:
近年注目されている炭素-水素結合(C-H結合)変換反応では、同一の有機分子内に様々な種類のC-H結合が多数存在するため、目的の位置のC-H結合のみを変換するための位置選択性の制御が重要である。多くのC-H結合変換反応では、遷移金属触媒の金属中心に配位できる、配向基と呼ばれる基質に含まれる配位性官能基が位置選択性の制御(および反応の促進)に利用されてきた。しかし、配向基を利用するC-H結合変換反応にはいくつか問題点がある。我々は、配向基を利用しない位置選択性の制御法として、触媒配位子と基質間での水素結合やLewis酸-塩基相互作用のような非共有結合性相互作用を用いる新たな制御法の開発に成功している(Nature Chem. 2015, 7, 712-717; Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 1495)。本研究では配向基の問題点を克服する別の方法として、遷移金属触媒とホスト分子(テンプレートや環状分子)とのハイブリッド触媒系を創製することにより、位置および立体選択的なC-H結合変換反応の開発を目指して研究を遂行する。