文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」平成29~33年度ハイブリッド触媒

武藤 慶 » English

所属 早稲田大学・理工学術院
役職 講師
連絡先 Email
HP http://www.jyamaguchi-lab.com/member/kmuto
専門分野 有機合成化学、有機金属化学
研究キーワード 脱芳香族化、触媒
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、日本プロセス化学会、近畿化学協会

概要

◆研究課題:
「求核種認識型遷移金属ハイブリッド触媒を用いる脱芳香族的官能基化反応 」

◆研究内容:
本研究では芳香族分子を出発物質とし、その芳香族性を壊しつつ逐次的に環の上下から面選択的に官能基導入する脱芳香族的官能基化反応の開発を目的とする。近年のクロスカップリングやC–H官能基化の発展から置換ベンゼン類合成法の成熟を迎えつつある今、脱芳香族的に官能基を導入する新手法の開発研究は、化合物の構造多様性の拡張へとつながる。本研究遂行において、如何にベンゼン環の高い芳香族安定化効果を乗り越えるか、そして、いかに官能基を付与する位置を精密に制御しつつ脱芳香族化を誘起するか、が最大の関門となる。
 本研究ではベンジル位の結合切断により容易に生成可能なπ-ベンジル錯体の環上に対して、求核種の位置選択的な導入を可能する新規ハイブリッド触媒系の開発を目指す。アニオン性求核剤とのイオン対形成など、有機触媒のエッセンスを遷移金属触媒上にハイブリッドさせることで、本脱芳香族的官能基化反応の一般化を目指す。