文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」平成29~33年度ハイブリッド触媒

三浦 佳子 » English

所属 九州大学大学院工学研究院化学工学部門
役職 教授
HP http://www.chem-eng.kyushu-u.ac.jp/lab9/
専門分野 化学工学、高分子化学、プロセス有機化学
研究キーワード 高分子モノリス 連続流通式リアクター、固定化触媒
所属学会・研究会 日本化学会、化学工学会、高分子化学会、アメリカ化学会

概要

界面への物質輸送効果を利用し、材料界面による相間移動触媒効果を実証する。高分子固体触媒と多孔材料の界面による相間移動触媒能を組み合わせ、ハイブリッド触媒を開発する。特に多孔質な合成高分子固体触媒を開発した上で、流体のダイナミクスを利用し、フロー反応におけるハイブリッド触媒を調製し、普遍的なハイブリッド触媒の開発法であることを示し、実践的な化学反応の開発に繋げる。固体触媒は、分離可能な触媒として期待されるだけでなく、固体材料ゆえに界面に基づく性質を有する特性がある。界面を特殊反応場とし、フロー反応場におけるダイナミクスな物質移動を化学反応に活かすことで触媒として活かす。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Facile preparation of glycopolymer library by PET-RAFT polymerization for screening the polymer structures of GM1 mimics"
    *M. Nagao; Y. Kimoto; Y. Hoshino; *Y. Miura
    ACS omega
  • "A QCM study of strong carbohydrate–carbohydrate interactions of glycopolymers carrying mannosides on substrates"
    Oh, T.; Uemura, T.; Nagao, M.; Hoshino, Y.;*Miura, Y.
    Journal of Materials Chemistry B, 2022年12月8日
  • "Synthesis of Glycopolymers Carrying 3’-Sialyllactose for Suppressing Inflammatory Reaction via Siglec-E"
    T. Ishida; M. Nagao; T. Oh; T. Mori; Y. Hoshino; *Y. Miura
    Chemistry Letters, 2022年1月21日, 51(3), 308-311
  • "De Novo Design of Star-Shaped Glycoligands with Synthetic Polymer Structures toward an Influenza Hemagglutinin Inhibitor"
    *Nagao,M.; Yamaguchi, A.;Matsubara,T.;Hoshino, Y.;Sato, T.; *Miura, Y.
    Biomacromolecules, 2021年12月30日, 23(3), 1232-1241
  • "Investigation of the effect of microflow reactor diameter on condensation reactions in l-proline-immobilized polymer monoliths"
    Nonaka,S.; Matsumoto,H.; Nagao, M.; Hoshino, Y.;*Miura, Y.
    Reaction Chemistry & Engineering, 2021年11月22日, 7(1), 55-60
  • " Influence of Monomer Structures for Polymeric Multivalent Ligands: Consideration of the Molecular Mobility of Glycopolymers"
    *Nagao,M.: Kichize, M.; Hoshino, Y.; *Miura, Y.
    Biomacromolecules, 2021年6月21日, 22(7), 3119-3127
  • "Bioinert Properties of TEGModiied Dendrimer Interface"
    *Miura, Y.; Kojima, Y.; Seto, H.; Hoshino,
    Analytical Science, 2021年3月1日, 37(3), 519-523
  • "Polystyrene-Cross-Linking Triphenylphosphine on Porous Monolith: Enhanced Catalytic Activity for Aryl Chloride Cross-Coupling in Biphasic Flow"
    Matsumoto, H.; Hoshino, Y.; Iwai, T.; *Sawamura, M.; *Miura, Y.
    Industrial & Engineering Chemistry Research, 2020年7月31日, 59(34), 15179–15187
  • "Polystyrene-Supported PPh3 in Macroporous Monolith: Effect of Cross-Linking Degree on Coordination Mode and Catalytic Activity in Pd-Catalyzed C-C Cross-Coupling of Aryl Chlorides"
    Matsumoto, H.; Hoshino, Y.; Iwai, T.; *Sawamura, M.; *Miura, Y.
    ChemCatChem, 2020年5月15日, 12(16), 4034–4037

総説・解説

  • 「ポリスチレン架橋ホスフィンに基づく不均一系遷移金属触媒の開発とフロー反応システムへの応用」 岩井智弘,三浦佳子,澤村正也, THE CHEMICAL TIMES, 263, 12–16, 1, 2022年1月

国内学会(会議)

  • 第52回秋季大会
    "TEMPO担持高分子モノリスによるアルコールのフロー酸化反応", ポスター発表
    井本 知希、野中 聖也、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子
    2021年9月22日~2021年9月24日, Online
  • 第70回高分子討論会
    "多孔性モノリス型分子触媒による連続式流通合成", 口頭発表
    三浦 佳子、服部 春香、松本 、野中 聖也、長尾 匡憲、星野 友
    2021年9月6日~2021年9月8日, Online
  • 第58回化学関連支部合同九州大会
    "多孔質ゲルモノリスを用いたアルコールのフロー酸化", ポスター発表
    井本 知希、野中 聖也、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子
    2021年7月3日~2021年7月3日, Online
  • 第52回秋季大会
    "触媒固定化モノリス型マイクロフローリアクターにおける滞留時間分布評価", 口頭発表
    野中 聖也、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子
    2021年9月22日~2021年9月24日, Online
  • 第86年会
    "ポリスチレンモノリスへのモノ配位パラジウム錯体の固定化およびフロー触媒反応への応用", ポスター発表
    松本 光、星野 友、 岩井 智弘、 澤村 正也、 三浦 佳子
    2021年3月20日~2021年3月22日, Online